介護事務とは?

介護事務とは、介護保険制度が2000年4月に開始されてから、介護報酬を請求する業務が発生したことによって誕生した職業です。資格の正式名称としては、「介護事務管理士」と呼ばれており、技能認定試験により認定される資格です。

介護施設には欠かせない存在であり、ケアマネージャーのサポートなども業務の一環としています。高齢者施設での就労になりますが、現代の少子高齢化の流れの中で、各種介護施設の需要が増してきています。高齢者から介護施設の利用があれば、それに対して介護報酬明細を作成する必要が出てきます。

ケアマネージャーや介護スタッフには、高齢者の介護をするという仕事がありますので、別に事務作業を行う人を設置することになったのです。介護報酬の算定に関わる知識などが必要になりますので、それを資格で証明することによって、就職活動にも大きく影響を及ぼします。

基本的には、デスクワークが中心となりますので、年齢層も幅広く、定年まで勤務することが可能だと言われています。医療系ということもあり、どちらかというと女性の多い職場です。介護サービス料は本人が1割負担、残りの9割は国や自治体が負担してくれます。これらの請求業務を行うのが介護事務となります。

介護施設には大きく分けて「通所施設」と「入所施設」の2つがありますが、それによっても就労環境などが異なってきます。今後も高齢化社会は加速していくとも言われており、将来性のある仕事と言えるでしょう。

主に働く場所は、介護事務所や介護施設、老人ホーム、国保連合会、介護老人保健施設、病院などで求人が多く見られます。これらの施設は介護サービスを提供していて、介護保険の請求業務があるからです。

資格取得について

高齢化社会によって需要は増加

日本は今まさに高齢化社会へと突入しようとしています。当然ながら介護業界は今後、今よりももっと需要が高まってきます。それによって施設などはどんどんと増えてきているのが現状です。

それに伴って請求業務をする介護事務員の必要数も増えてきています。今後ますます需要のある職業と言えるでしょう。また、医療関係の職種は採用の際資格の有無が非常に重要視される業界です。

また、一般事務と違い介護事務は専門用語などが多く、知識が必要不可欠になってきますので、まずは資格を取得することをおすすめします。医療事務と同じで人気の高い職種ですので、資格がないと採用されるのは厳しいです。

介護事務の将来性

介護事務の将来性についてすが、現在でも介護施設の利用が出来ない高齢者は多くいます。そして今後も高齢化社会には拍車が掛かっていくことでしょう。

そうすると、介護施設を開所するという企業も出てきますし、元々ある介護施設でも利用者が多くなれば、それだけ介護報酬明細の作成作業は煩雑になるため、介護事務の増員というケースも出てくるでしょう。今後一層雇用の機会は増えてくるものだと思います。

しかし、現実は有資格者を採用するケースの方が圧倒的に多いです。専門的な知識のない人を育てるだけの余力は、介護施設にはないものだと思って下さい。即戦力となる知識を持っている有資格者であれば、今後の将来性についても明るいと思います。

無資格・未経験で就職できる可能性は否定はしませんが、かなり確率として低いものだと思って下さい。例えば、新卒の育成枠とある程度の年齢に達している社会人では状況が異なりますが、資格を持っている方が、優遇されるというのが現状となっています。介護・医療業界というのはなんだかんだいって資格社会です。

介護事務の利点

介護事務の利点としてあげられるのは、体力的消耗の少ない仕事だという点です。医療系の事務と異なりますので、残業もさほどありませんし、介護報酬明細の作成に専念できると言うところがあります。比較的、歴史の浅い職業ですし、資格としても、インターネットで検索してヒットする件数も正直に言うと少ないです。

しかし、需要はありますし、今後の展開にも期待の出来る職種となっています。資格は無駄にはなりませんので、今のうちだからこそ経験を積んでおくと有利になる職業です。

宅建や気象予報士のほうにブームになって人材が有り余るようになってしまうと、就職活動をする際にも資格の価値が低くなってしまいますが、介護事務については一般的な認知度が現在では低いものになっていますので、時代を先取りするには、有用なものだと言えますね。

高齢化は、これで終わりということにはならないでしょう。医学は進み、更に長寿になって行けば、介護を必要とする施設利用者の数が減少することはないと予測できます。

さすがに、少子化と言われている世代が、高齢になったときには、施設の減少が発生する可能性はありますが、それも何十年も先のことになりますので、当分は介護という業種自体の必要性に陰りは見えないものだと思います。

どのような職業でも同じことが言えますが、不利な点もありますので、両方を見て就職を検討するといいかもしれませんね。

介護事務の不利な点

介護事務の不利な点としては、その認知度にあります。もちろん介護施設など雇用側は当然知っていますし、即戦力になる有資格者の採用を希望していますが、介護事務をしていて、他の職種に転職する際にはこの資格や職務経歴が役に立たない場合も考えられます。介護・医療系は専門分野なので全般的にその傾向があります。

介護事務として、この職種で継続的に仕事をしたり転職するというケースでは有用なのですが、異業種の転職には、なんら利点はないでしょう。介護保険制度自体が歴史の浅いものになりますので、実際のところ、医療系の事務のように環境が整っているかというと、まだそれほどの段階には至っていないのが現状です。

職場環境としては、一律にはなっておらず、整っているところでは産休・育休などを経て復帰する道も用意されています。どんな職種でも同じですが、もちろんそうではないところもあります。今後、介護事務の環境が整っていくには、実務を行なっていく人員にて、様々なケースの提案をして整備をしていかなくてはいけません。しかし、ここに発展の可能性もあると考えることも出来るのです。

未成熟な環境だからこそ、現在もしくはこれから就労していく方によっていくらでも形成していける柔軟性を持っているのではないでしょうか。多少、困難な道のりになるかもしれませんが、先駆者として介護事務の世界を広げていこうという心意気を持って、この仕事に携わるのも良いかも知れません。高齢化に伴って欠かせない職種になりますので、展開を見守るのではなく、自ら作っていく気持ちで関わるとむしろ楽しいと思います。

業界の動向

介護業界の動向としては、この表現が適切かどうかは分かりませんが、右肩上がりの状態ではないでしょうか。これは、加速する高齢化社会を背景としています。利点の項目にも記載しましたが、現在の子供たちが高齢者になるころには、介護業界としても利用者などの減少によって縮小してくることは予測されます。

しかし、それも、ずいぶん先(数十年後)のことになります。そこに至るまでは、介護業界には施設やサービスの利用者が減少すると言うことはないでしょう。長年に渡って勤務していけば、昇給もありますし、体力的に無理をしないので定年まで勤めれば、正社員ですと退職金ももらえると思います。

まだ歴史が浅いとはいっても需要はなくなることはありません。介護報酬の請求に関しては、介護事務が専門的に行なうことになりますので、この資格を持っていれば、業界の発展とともに流れに乗ることも出来るのではないかと考えます。

これからは、子供が親を見る時代ではなくなってしまうような気配もありますね。親自身、子供に迷惑をかけまいと、しっかりしている段階から施設を探す傾向も出てきています。そうすると介護業界の重要度は、更に上がってくることになるでしょう。就労する側としては、働く機会の多くなる将来性のある業界だと言えるのではないでしょうか。

仕事内容や就職・Q&A


step1

介護事務の仕事


step2

介護事務への就職


step2

介護事務のQ&A

このページの先頭へ